センボンイチメガサ Kuehneromyces mutabilis

広葉樹、針葉樹の倒木、切り株

春~秋

食用

2023年10月撮影 埼玉県

 

カサ

黄褐色で吸水性があり、乾燥時スが入る。湿時は粘性があり、条線が現れる。幼菌時は縁に白いササクレが付着する。

カサと同色で中空、なくなりやすい膜質のツバがある。根本からツバの間はささくれる。

ヒダ

密で初めは白色だが後に肉色を帯びる。

 

2023年10月撮影 埼玉県

2023年10月撮影 埼玉県

2023年10月撮影 埼玉県

間違えられやすい猛毒種のコレラタケやヒメアジロガサ(モドキ)ではカサやツバより下のササクレが確認できない。

2023年10月撮影 埼玉県

成長するとツバ、ササクレともに薄くなり、コレラタケなどとより似てくる。

2023年9月撮影 山梨県

2023年9月撮影 山梨県